RSS
商品券でキャッシュバックキャンペーン

掛軸倶楽部 掛け軸の修復について



古くなった大切な美術品が生まれ変わります。
表装見本から表装の型、裂地を選んでいただければ一流の表具師の手によって表装させていただきます。
当店のうたい文句に「お値打ちに」とありますが、修理・表装についてはお値打ちにしようとは思っておりません。
安い業者やコストを押さえるシステムを導入して安く仕上げることよりも、逆に品質を重視した「高くても良い仕上がり」を目指しております。このあたりご理解いただければと存じます。
傷みの激しいものは状態によって料金が変わりますので、まずはお問い合わせ下さい。

修復のモットー

●仕立て直しや修復が困難になる機械表装はしません。

●若干高くても質の良い仕上がりを目指します。

●修復の流れ(ご注文から仕立て直して納品されるまで1〜3ヶ月間)
1. お問い合わせのメールか電話にて状態を伺います。
(デジカメ写真をメール添付でも可)
その時に参考料金をお知らせしますが、実際のお見積は修復したい品を送っていただき、
実際の品を職人に渡して見てもらってからになります。

2. 品を送っていただきます。
実際の品を送っていただきます。その際、発送中の事故を避けるため、
絶対に品が濡れたり折れたりしないように梱包してください。
※発送中の事故は一切責任を負えません。

3. 職人に見てもらいます。
ここで実際のお見積を出す事ができます。
修復には特殊な薬品での洗い等、若干のリスクがございますので作業工程にご納得いただいてからの作業となります。

4. お支払い
見積に納得いただけましたら料金をお支払いいただきます。入金確認後作業にかかります。

5. 剥がし
シミ抜き・仕立て直しする際は全て、絵を一度剥がします。
(注)機械表装された軸や絵の具が剥がれる可能性があるものはお受けできません。

6. 洗い
全体に黄ばみがある場合は絵を剥がして湯洗いまたは特殊な薬剤洗いをします。

7. シミ抜き
洗いで落ちないシミがある場合等はシミ抜き致しますが、お預かりする品によって
シミが抜けるものと抜けないものがあります。こちらはその都度確認させて頂きます。
(加工に際しては、作品の状態を十分確認してから行います。)

8. 仕立て直し
修復させて頂く品は表装も仕立てお直しさせて頂く必要がありますのでご了承下さい。

9. 納品
軸でしたら専用の桐箱、額でしたら専用ケースに入れ、破損のないよう厳重に梱包して宅急便にて送らせていただきます。(送料無料)

●修復例1(軸) 参考価格 54,000円〜

修復前
修復後
修復前
掛け軸修復後



表装と絵全体にシワが入って。
洗いをし、仕立て直しをしました。

●修復例2(欄間額) 参考価格 58,000円〜

修復前

額 修復前
額が破れ、紙も赤くなっている。
シミもところどころにある。
(昔はアクリルがなかったため、湿気や熱の影響を強く受けます)



修復後

修復後
薬品洗いをし、シミを抜きました。
額は新品にし、表面に本紙を保護するアクリルの板が付いたタイプです。
(注 本紙の状態によってシミ抜き出来る度合いが異なります)

(古い掛軸の表装替えの注意)
※古い彩色画は膠(にかわ)が風化して胡粉等の剥落や色の流れ、薄くなることがあります。
※本紙の痛みが激しく、いちじるしくもろくなって折れや裂けているものはできません。
※絹本・紙本が溶けて無いものや糸切れ、剥離しているものはできません。
※染み抜きは、本紙の汚れ状態によって取れ方が違います。
 絹本の場合は取れ方が悪く、紙本の場合は朱肉も薄くなります。
※共箱がある場合は、その内寸法をミリメートル単位で正確に指示してください。

以上のような作品は、注意しきれない不可抗力のトラブルもあります。
このような場合、保証の責は負いかねますのでご了承ください。

お見積もり依頼・お問い合わせはお問い合わせメールフォームまでどうぞ。

掛軸倶楽部 サイン色紙の黄ばみ及びシミ取り実績

サイン色紙の黄ばみ及びシミ取り実績1

お客様から3枚のサイン色紙をお送り頂き、シミ・黄ばみ取りをしました。
どれも満足頂きましたが、以下は特にきれいに消えましたので事例としてお客様の許可を得て参考資料として閲覧できるようにさせていただきました。

色紙 施工前
色紙 施工後
全体的にシミになっています。 シミも黄ばみも全く消えています。

基本的に水性マジック×、油性マジック○ですが、水性マジックでも乾燥後に耐水性になるものは可能です。
ただ、いかなる場合でもリスクがありますのでご了解をいただいてからの作業となります。
(テストでOKでも、実際付けてみると時間がたつにつれインクが分解する場合もある)

黄ばみは、紙が酸化しておきます。これは、色紙それぞれの紙質にもよりますし、それまでその色紙の保存状態にもよります。酸化を防止するには、やはり空気にふれさせないことです。ラップをかけるのは有効な手法です。また、UV加工された額に入れるなどしてください。

はだかで色紙が飾ってある場合、紙の表面に油がついている場合があります。(特に上に飾っている場合)この場合は油が除去作業の邪魔になりますので引き受けれない場合があります。

(注意)

汚れ具合や作業内容によって価格は変動します。
修理する品を送っていただき、お見積りだけの場合でも3000円(税込)かかります。(作業しない場合)
発送費はお客様ご負担となります。(弊社からの発送費は負担します)

自然のシミは消しやすい
自然でないものは消えにくい、または消す事が困難

●依頼条件
※修理においてのリスクをご理解いただけない方はご遠慮下さい。
※油性マジックは○。水性マジックは×。ただし水性マジックの場合乾いたら耐水性のものは施工できる可能性があります。
※修復作業は完璧に成功する補償はありませんので必ずリスクが存在します。
※時価価格の高いもの、失敗が許されない物はお受けできません。
※古い彩色画は膠(にかわ)が風化して胡粉等の剥落や色の流れ、薄くなることがあります。
※本紙の痛みが激しく、いちじるしくもろくなって折れや裂けているものはできません。
※絹本・紙本が溶けて無いものや糸切れ、剥離しているものはできません。
※染み抜きは、本紙の汚れ状態によって取れ方が違います。
 絹本の場合は取れ方が悪く、紙本の場合は朱肉も薄くなります。

以上のような作品は、注意しきれない不可抗力のトラブルもあります。
このような場合、補償の責は負いかねますのでご了承ください。

●行程
修理についての注意事項承諾フォーム
https://ssl.shopserve.jp/-/kakejikuclub.com/enq/enquete.cgi?PAGE=1&SHOPURL=
にて承諾をいただいてから
以下の工程にすすみます。

1 作品を送っていただく。(極めて丁寧に。折れ、汚れがつかないように送ってください)
2 作品を確認(写真撮影)し、お見積りを出します。
3 お見積りを見て納得頂き、修復費入金確認後に作業開始
4 作業終了後に写真を送らせていただきます。
5 発送
6 到着(終了)

●納期
2週間〜3ヶ月

掛軸倶楽部 色紙の折れ 修復事例

色紙の折れ修復依頼の事例です。

以下、色紙の角折れの修復事例をご紹介します。

ご依頼
配送中に梱包が甘く、角が折れてしまった。

●修復前
折れ 修復前

      ↓↓↓↓
●修復後
色紙折れ 修復後

折れがきれいに伸びています。


最近はオークションで落とした商品の発送中の事故や
梱包が甘くて破損した等、
こういったご依頼のお問い合わせが多いです。

修復依頼はこちらからどうぞ。

状況をまとめて写真と一緒にメールでお問い合わせいただくとスムーズに対応ができます。
よろしくお願いします。

掛軸倶楽部

ページトップへ